広報担当者育成

広報担当者の育成をいたします。

広報には、「攻めの広報」「守りの広報」があります。独自の広報PRに関する考え方に基づき、その両方を理解し、会社の声として何を発信するかを的確に選定しながら、効果的な広報PR活動につなげられる担当者の育成を目指します。

一般的に「広報は会社の顔」と言われますが、結果に結びつけかつ会社を守る力のある広報担当は「隠密」のような動きができる人であると私は考えています。一般的なイメージとは違う泥臭いところも含めて、広報の基本から情報の取扱い方等をOJTを通して様々な業務を身につけていただきます。本やセミナー等では、理屈は理解できますが、スキルは身につきません。実際の業務を通じて、広報担当者様のメンターとしてサポートしてまいります。

こんな広報担当の育成を目指します

  • PRプランニングができる
  • 攻めの広報(オフェンス)、守りの広報(ディフェンス)を戦略的にできる
  • 必要な情報を肌で感じるアンテナが立てられる
  • 企業ブランド、マーケティングを理解できる
  • 企業ブランド、商品、人なんでも売り込める
  • 経営者、社員のキャリアにつながる情報発信ができる
  • 広報活動を通じて社内のエンパワーメントができる

※上記は、プロフェッショナルコースで目指すゴールです。他のコースでは、全てを身に着けられない可能性があります。

こんなお悩みのある企業におすすめ

  • スタートアップ企業
  • これから広報部門を立ち上げる
  • 新米広報で右も左もわからない
  • 広報担当はいるが、イマイチ成果がでない
  • 広報担当の業務がプレスリリース配信とクリッピングがメインになっている
  • 広報の経験者が社内にいない
  • 担当者がPR会社出身だが、事業会社の広報担当は初めて

 

コース内容

 

プロフェッショナルコース

広報のプロフェッショナルとして必要なマインド、考え方、判断力、スキルを育成します。

・期間:1年間
・OJT回数:30回(5時間/1日)
・期間中のメール、メッセンジャー、電話等での質問、相談

  ◎身につけられるスキル
・広報の基礎(取材対応、プレスリリース等)
・ブランディングの基礎 ・PR戦略立案
・メディア、有識者との関係構築するためのコツ
・メディアへのアプローチの方法
・PRネタ企画立案
・広報ツールの企画・制作
・イベントの企画・制作
・イベントにおけるメディア対応
・Webにおける情報発信

 ◎特典 ・経営陣向け広報PRセミナーの開催

価格を問い合わせる

アドバンスドコース

広報担当者として必要なマインドや考え方、スキルを身につけられます。

・期間:1年間
・OJT回数:20回(5時間/1日)
・期間中のメール、メッセンジャー、電話等での質問、相談  

◎身につけられるスキル
・広報の基礎(取材対応、プレスリリース等)
・PR戦略立案
・メディア、有識者との関係構築するためのコツ
・メディアへのアプローチの方法
・PRネタ企画立案
・Webにおける情報発信

<以下は必要に応じて選択>
・広報ツールの企画・制作
・イベントの企画・制作
・イベントにおけるメディア対応

価格を問い合わせる

ベーシックコース

月に1~2回の指導を想定したライトなコースです。

・期間:半年~1年間
・OJT回数:12回(5時間/1日)
・期間中のメール、メッセンジャー、電話等での質問、相談  

◎身につけられるスキル
・広報の基礎(取材対応、プレスリリース等)
・メディア、有識者との関係構築するためのコツ
・メディアへのアプローチの方法
・PRネタ企画立案
・Webにおける情報発信
・広報ツールの企画・制作  

価格を問い合わせる

イベントコース

イベントは通常の広報活動とは少し異なった対応が必要です。 そのため、イベントに特化した広報PRのスキルを身につけられます。

・期間:最大半年
・OJT回数:10回(5時間/1日) ※イベント当日含む
・期間中のメール、メッセンジャー、電話等での質問、相談
・特定のイベントに向けた、イベント広報PRのみの指導 

 ◎身につけられるスキル
・広報の基礎(取材対応、プレスリリース等)
・イベントの広報PR戦略立案
・メディアへのアプローチの方法
・PRネタ企画立案
・Webにおける情報発信
・イベントにおけるメディア対応
・イベント用プレスキットの企画・制作

価格を問い合わせる