Profile

中本 三千香 

大手都市銀行をうつで退職。Web制作会社、イベントプロダクションでWebやイベント制作を行ううちに、企画立案に目覚める。外資系生命保険会社で持ち前の企画力を活かし、マーケティング、企業広報、ブランディング、CSR、インターナルコミュニケーション等幅広く手掛ける。

様々なプロジェクトを行っていくなかで、人の成長や心理に興味を持ち、人の育成にかかわる仕事をしたいと独立。「尊重と信頼」を信念とし、「コミュニケーション」を主体とした組織や人のエンパワーメントを行うべく活動中。

 

ごあいさつ

はじめまして、中本三千香と申します。近しい方には、みちかとか、ちーたんと呼ばれています。

今、このページをご覧になっていらっしゃるのは、興味を持たれたからなのか偶然かどうかはわかりませんが、こうして何らかのカタチでお目にかかったことを大変うれしく、光栄に思います。

私は、つい3年前まで、企業で働く一人の会社員でした。
1万6000人の国内企業から10人の零細企業で働いていたこともありますし、気が付けば、世界5万5000人のグローバル企業に勤めていたこともあります。英語は学生時代赤点スレスレだったにも関わらずです。

4業界5社で様々な経験を広くしてきました。その中で、なぜ私が実績を出すことができたのか。それは人のことをひたすら考えていたからです。

すべては「人」次第です。にもかかわらず、その人について難儀している方が非常に多いと感じます。実際に私自身も困ったことはありますし、自分自身すらどう付き合えばいいのか悩んでいた時期もありました。

2015年に母をがんで亡くしたことをきっかけに本格的に「心理」を学び始めました。「心理学」ではありません。「心理」を学ぶとは、人の心と意識と体を一気通貫に使えることになるスキルのことだと私は考えています。

心理カウンセリングに必要な傾聴スキルやコーチングに必要な引き出しのスキル、ミルトン・エリクソンの催眠手法など様々な心理スキルを学んでいくことで、自らの本質が変化していき、そしてコミュニケーションが自然と改善されていきました。それによって、いつしか私とかかわる周りの人にも少しずつ変化がみられるようになりました。

私はほかのカウンセラーやコーチと少し違う点は、人間の動物性に着目しているということです。私は乗馬を習っていますが、馬にどうやって乗るか(馬とのコミュニケーション)を学ぶことと、心理スキルを学ぶことに共通している点が非常に多いのです。というか、一緒なのです。それは、おそらく私たちが「生き物」だからかもしれません。プログラムされているコンピューター相手、つまりマニュアル化されたコミュニケーションではうまくいかないのです。私たちが、行動を改善したいなら、本質から変えていかなければなりません。本質を追及していくには、動物としての人間の部分と人間らしい理性や知能の部分の特色を知り、それを行動へと結びつけていくことだと考えています。

人間の脳の仕組みや能力を活用し、コミュニケーションを改善していくことで、様々なことに変化をもたらします。
人それぞれが持つ、コミュニケーションのクセを改善し、特長を生かすことで、その人の在り方を素晴らしい方向へもたらすだけでなく、その人の周辺にいる人への影響、そして組織も変化させていくことができると考えています。

人間は動物ですから、マニュアルや知識、手法でどうにかするといったことが当てはまらず効果がなかなかでないことがあるでしょう。それを、様々ななワークを通して一人ひとりが改善していけるようなサポートをしていきます。

それぞれのコミュニケーションのクセを本質的に改善していくことは、ストレスケアやモチベーションアップ、向上心の醸成、アンガーマネジメントだけでなく、部下の教育や人材育成、キャリアアップに役立てることができます。

企業で一番大切なことは、商品開発でも働き方改革でもありません。
「人づくり」これに尽きると思います。

一人ひとりがどう生きるかを尊重し、信頼する。

それをできるようになる人が広がるにつれ、私たちの生きる世界はより豊かで平和になっていくでしょう。

心理に関する認定資格等

・ニューコードNLPプラクティショナー
・国際メンタルコーチング協会認定 メンタルコーチングカードコンサルタント
・国際メンタルコーチング協会認定 ミルトン・エリクソン催眠コース修了
・Passion in Action ファシリテーター
・ソーシャルパノラマ上級Ⅰコンサルタント